本文へスキップ

受託運営:公益財団法人いきいき岩手支援財団 

認知症地域支援推進員体制整備事業


目的

介護保険制度改正により、29年度末までに各市町村に設置することとなった認知症地域支援推進員の養成を図るための研修を開催するとともに、認知症地域支援推進員の情報共有と連携に資する会議を開催することにより、個々のスキルの向上と認知症地域支援推進員の今後の活動に資することを目的とする。

実施内容

認知症地域支援推進員養成研修・市町村研修
地域の実情に応じて医療機関、介護サービス事業所や地域の支援機関をつなぐ連携支援や認知症の人やその家族を支援する相談業務を行う「認知症地域支援推進員」の養成と併せて、市町村の職員や地域包括支援センター職員等に認知症施策の動向及び認知症地域支援推進員の役割についての内容とする。

認知症地域支援推進員連絡会議
各市町村が配置(予定も含む)した認知症地域支援推進員について、推進員のスキルアップと円滑な活動を支援するための情報共有、連携を目的とした連絡会議を開催する。

認知症ケア向上支援連絡会議
市町村職員及び地域包括支援センター職員等に対して、認知症ケア(見守り体制構築、認知症カフェ等)の向上に資する情報提供を目的とした連絡会議を開催する。

事業内容

区分 講師等 開催数・研修時間等
認知症地域支援推進員養成研修・市町村研修 ・専門知識を有する講師等
・自治体職員
・年1回程度
・認知症介護研究・研修東京センター主催の当該研修の構成を参考に、12時間程度
認知症地域支援推進員連絡会議 ・専門知識を有する講師等
・自治体職員

・年1回程度

認知症ケア向上支援連絡会議 ・専門知識を有する講師等
・自治体職員

・年2回程度