ホーム
お知らせ
財団概要
事業紹介
シニアサークル
リンク

 
サイトマップ

長寿ネット


主任研修
  申込方法・受講申込書・申込締切
開催日・会場
受講料等
受講対象者
受講決定通知時期

事例提出について
    ※事例検討をしますので、事例(ケアプラン等)の提出が必要です。
    
  受講対象者
 
     専門研修課程T及び専門研修課程U(実務経験者に対する更新研修を含む。)を修了し、介護支援専門員の業務に関し十分な知識と経験を有する介護支援専門員であり、居宅サービス計画等の提出により利用者の自立支援に資するケアマネジメントが実践できていると認められる者のうち、以下の@〜Cのいずれかに該当する者(平成30年4月1日を基準日とする。)

  専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して5年(60ヶ月)以上である者(指定居宅介護支援事業所の管理者との兼務は期間として算定可)※1 

  A ケアマネジメントリーダー養成研修を修了した者又は認定ケアマネジャーであって、専任の介護支援専門員として従事した期間が通算して3年(36ヶ月)以上である者(管理者との兼務は期間として算定可)※1

  B 介護保険法施行規則140条の66第1号のイ(3)に規定する「主任介護支援専門員に準ずる者」として、現に地域包括支援センターに配置されている者であり、市町村長(受託している場合も含む。)の推薦がある方

  C 介護支援専門員としての実務に従事した期間(兼務の期間を含む)が通算して5年(60ヶ月)以上である者であって、次のいずれかの要件に該当する者 
  ア 兼務の内容が在宅介護支援センターにおける相談援助業務である者
      イ 介護支援専門員研修又は介護支援専門員の資質向上を目的として
  全県もしくは高齢者福祉圏域等で実施する研修において講師の実績
  がある者

※1
専任の介護支援専門員とは、常勤かつ専従の介護支援専門員のことを指します。

常勤とは
当該事業所における勤務時間が、当該事業所において定められている常勤の従業者が勤務すべき時間数(32時間を下回る場合は32時間を基本とする)に達していることをいう。
専従とは
業務時間帯を通じて当該業務以外の職務に従事しないことをいう。この場合の業務時間帯とは、当該従業者の当該事業所における勤務時間をいう。
      
 
 
 
   
  開催日・会場(予定)
  ※申込者が定員を超える場合の優先順位
  ・地域包括支援センターに配置されている者
  ・居宅介護支援事業所の管理者(予定者を含む。)
  ・特定事業所加算の取得を予定している事業所の職員

※申込者が少ない場合には、2組の研修を開催しないことが
  あります。


【1組】

    研修@ 平成30年9月10日〜12日
    研修A 平成30年10月2日〜4日
      研修B 平成30年11月6日〜8日
      研修C 平成30年12月4日〜6日
      会 場 盛岡市勤労福祉会館

【2組】 
    研修@ 平成30年9月26日〜28日
    研修A 平成30年10月24日〜26日
      研修B 平成30年11月14日〜16日
      研修C 平成30年12月17日〜19日
      会 場 @〜Bホテル東日本
Cアイーナ

   
  受講料等
    28,600円
 
  申込方法
  ※受付終了しました。 
下記の
申込みに係る提出書類を揃え、
 
受講申込締切までに当財団あて送付して下さい。
   
 
  申込みに係る提出書類
 
  全員が提出するもの  
   
@ (申込様式5)受講申込書及び実務経験証明書
A 自分の担当している
 ・居宅・施設サービス計画書(1)〜(3)
 ・介護予防サービス・支援計画書
どちらか1事例をコピーして
3部
(事前に利用者から事例の提出の同意を得たうえで、個人情報は消したものをコピーする。)
B  平成18年度以降に実施された専門研修課程T及び専門研修課程U(実務経験者に対する更新研修を含む)の修了証明書の写し

※修了証明書をお持ちでない方は
       
  受講要件Aに該当する者
    ケアマネジメントリーダー養成研修の修了証明書の写し又は認定ケアマネジャー認定証の写し
       
  受講要件Bに該当する者
    任用(委託)している市町村長が推薦する書類(様式は任意)
     
  受講要件Cイに該当する者
  講師の実績を証明する書類の写し
   
  受講申込期間 
  ※受付終了しました。
 
4月2日(月)〜
      4月15日(日)(消印有効)

  
※持参の方は、16日(月)12:00まで可。
   
  受講決定通知時期 
    平成30年7月下旬発送予定
   
  事例提出について
  (平成29年度 提出事例 様式参考)
(1) 『個別事例に応じた介護支援専門員に対する指導・支援の状況』
   他の介護支援専門員から相談を受けた事例
   (各自が担当した支援困難事例でも可)
(2) 『スーパービジョン』
   自分がスーパーバイザーとして他の介護支援専門員に対してスーパービジョン
   を行った事例
  ◇支援困難事例等提出様式及びスーパービジョンの振り返り
   
お問い合わせはこちら
 
   〒020-0015 盛岡市本町通3-19-1
     岩手県福祉総合相談センター3階
 


でんわ019-629-2300
各種研修の実施へ戻る
実務研修受講試験 実務研修の実施 実務研修受講試験 実務研修の実施 シルバー110番 高齢者一般相談 高齢者専門相談 高齢者相談Q&A シルバー110番