ホーム
お知らせ
財団概要
事業紹介
シニアサークル
リンク
 
 
サイトマップ

長寿ネット


    

   

 
 
研修名

平成29年度岩手県介護支援専門員
専門研修課程U

受講対象者

現に介護支援専門員としての実務に従事している者で(※1)、実務就業後3年以上の者(※2)
(平成29年4月1日を基準日とする)

開催時期
(予定)
≪研修追加のお知らせ≫
今年度は受講希望者が定員数を大幅に超えたため、
3回の開催となりました。
日程については下記をご覧下さい。

1組:
@ 平成29年 10月10日〜10月12日
A 11月28日〜11月29日
2組:
@ 平成29年 10月24日〜10月26日
A 12月13日〜12月14日
3組
@ 平成29年 11月20日〜11月22日
A 平成30年 1月23日〜1月24日
  (5日間程度32時間以上)

会場
(予定)

1組:
@ 岩手県産業会館(サンビル)
A いわて県民情報交流センター(アイーナ)
2組:
@ 岩手県産業会館(サンビル)
A いわて県民情報交流センター(アイーナ)
3組
@ 岩手県産業会館(サンビル)
A いわて県民情報交流センター(アイーナ)

                                 
受講料

16,900円

申込方法

平成29年4月3日付け評研第1号をもって事業所あて通知した
「受講申込書(申込様式2)」を、4月17日(月)(必着)までに当財団あて送付してください。


申込受付は終了しました。
受講決定
通知時期

平成29年8月3日発送

事例提出
について 
下記参照

※1
介護支援専門員としての実務経験とは、介護支援専門員として就労し、居宅(施設)サービス計画の作成等を行うことです。

※2
実務経験年数は、居宅・施設の別を問いません。

※3
事例検討をしますので、事例(ケアプラン等)を提出できない方は本研修を受講できません。




  
  ●提出期日
  

  ●提出先アドレス
    1組:   senmon-2-1@silverz.or.jp        
  2組:  senmon-2-2@silverz.or.jp
  3組:  senmon-2-3@silverz.or.jp            



提出科目: 『ケアマネジメントにおける実践事例の研究及び発表』(7類型)
〔類型〕
1. リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
2. 看取り等における看護サービスの活用に関する事例
3. 認知症に関する事例
4. 入退院時等における医療との連携に関する事例
5. 家族への支援の視点が必要な事例
6. 社会資源の活用に向けた関係機関との連携に関する事例
7. 状態に応じた多様なサービス(地域密着型サービスや施設サービス等)の活用に関する事例
選定方法: ケアマネジメントを実践する上で、介護支援専門員が悩んだり対応に苦慮したりした事例、または過去に関わったことのある事例でも可。
事例数: 7事例〔前期4事例(類型1〜4)、後期3事例(類型5〜7)〕
※ただし、前期提出事例の中に、後期類型の内容が含まれている場合は、前期と同じ事例を提出しても可。少なくとも前期提出分の4事例(7類型)以上を提出すること。

様式: @事例の表紙〔シート1〕(WORD)

A基本情報及び事例概要〔シート2〕(WORD)

B課題整理総括表〔シート3〕(EXCEL)

C居宅・施設サービス計画表(1)〜(3)または、
  介護予防サービス支援計画書   ※各自の様式(任意)
提出期日
●1組



●2組


3組




お問い合わせはこちら


   〒020-0015 盛岡市本町通3-19-1
     岩手県福祉総合相談センター3階  


 

でんわ019-629-2300

各種研修の実施へ戻る
実務研修受講試験 実務研修の実施 実務研修受講試験 実務研修の実施 シルバー110番 高齢者一般相談 高齢者専門相談 高齢者相談Q&A シルバー110番